日別アーカイブ: 2013年8月30日

給与や報酬は「辛い思いをした対価」ではない

勘違いしている人をたまに見るが、給与や報酬は「辛い思いをした対価」ではない。

誤解を生む遠因として、労働力の需要と供給の関係があると思う。
「五体満足なら誰でもできるが、誰もやりたがらない仕事」というものがある。
学生時代に“危ないバイト”の噂で盛り上がった経験のある人も多いはずだ。
果敢にもそれらを実践したことのある人もいるだろう。
そういった仕事には労働者が集まらないので、雇用者は報酬をできる限り高く設定するしかない。
つまり、労働力の供給が需要に対して少ないために価格が上がるというものである。
続きを読む